パワーストーンには実にさまざまな種類があるため、実際にお店などで商品を眺めていると、いったいどれを選んだらいいのか分からなくなってしまうという人も多いでしょう。そんな時は、「色で選んでみる」というのも一つの方法として便利です。人が何かの色を選択するときは、その時の気分に合った色だったり、今の自分に足りない色を選ぶことが多いと言われています。つまり、無意識のうちに、色が自分の心理を表している場合があるということです。なので、色の持つ意味や効果を知っておくと、より自分に合った石を見つけるのに便利だと言えるでしょう。また、石本体だけでなく、ブレスレットのゴムや、ストラップ、そして石を入れておく袋の色なども考慮すると、石の力をより高めることができると言われています。

明るめの色にはどんな意味があるのか

パワーストーンの明るめの色としては、1番目に「赤」が挙げられます。赤は生命力や、やる気を表す色とされており、勝負に臨むときや元気を付けたいときなどに向いています。2番目に挙げられる「ピンク」は、愛情や優しさを表す色とされており、恋愛運をアップさせたいときに向いていると言えるでしょう。そして3番目に挙げられる「オレンジ」は、太陽を象徴する色とされており、行動力や社交性を高めたいときなどによいとされています。さらに4番目に挙げられる「黄色」は、富や黄金を表す色とされており、活力を得たいときや金運をアップさせたいときなどに身に着けるとよいと言えます。そして最後に挙げられる「白」については、純粋さや真実を表す色とされており、オーラを清めるなどの浄化作用があると言われています。

落ち着いた色にはどんな意味があるのか

パワーストーンの落ち着いた色としては、1番目に「緑色」が挙げられます。緑色は癒しを表す色とされており、ストレスを減らしたり、周囲の人たちとの調和を促す効果があると言われています。2番目に挙げられる「水色」は、調和や表現力を表す色とされており、心を落ち着けたいときや表現力を向上させたいときなどに向いていると言えるでしょう。そして3番目に挙げられる「青色」は、理性や知性を表す色とされており、冷静さが必要なときや知性を高めたいときなどに身に着けるとよいと言えます。さらに4番目に挙げられる「紫色」は、霊的なものや洞察力を象徴する色とされており、危険を察知したり、判断力をアップさせる効果があると言われています。そして最後に挙げられる「黒」は、神秘や現実を表す色とされており、マイナスなエネルギーから身を守ってくれる色として知られています。